NEWS お知らせ

「ゲームクリエイター甲子園」が「Indie Games Contest 学生選手権」と提携!

「ゲームクリエイター甲子園」が「Indie Games Contest 学生選手権」と提携!

優秀作品の相互連携とコンテストに関する運営協力で支援


学生インディーゲームの成長型コンテスト「ゲームクリエイター甲子園」を運営するゲームクリエイターズギルドは、株式会社コナミデジタルエンタテインメント(本社:東京都中央区、代表:早川 英樹、以下「コナミデジタルエンタテインメント」)が開催する、学生向けインディーゲームコンテスト「Indie Games Contest 学生選手権」に運営協力します。また、本コンテストの一次審査通過作品の20作品は「ゲームクリエイター甲子園 2023」でもシード枠としてエントリーさせていただき、作品ショーケースの「みんなのゲームパレード」でも特別バッジを付与の上で掲載させていただきます。
またゲームクリエイターズギルド主催の宮田が、本コンテストの審査員として参加させていただきます。
■本運営協力の背景
「ゲームクリエイター甲子園」は、次の時代のゲームクリエイターが同じ制作仲間に出会い、切磋琢磨し、多様なチャンスを掴む環境として、成長型コンテストという形で年間を通じた「学びと発表の場」を作っています。本コンテストと協力することで、「学びと発表の場」づくりを自社の単独コンテストの範囲に留めず学生クリエイターの可能性の輪が更に大きくなっていくことを目指しています。今後もゲームクリエイターズギルドでは、学生クリエイターの可能性の最大化を目指して、本取り組みのような「ゲームクリエイター甲子園」のノウハウやコミュニティを提供する活動を推進していきます。

▼「Indie Games Contest 学生選手権」ページ
https://www.konami.com/games/event/igc2023/contest.html

◆「Indie Games Contest 学生選手権」とは?
国内在住の大学生、大学院生、専門学生を対象とした学生向けインディーゲームコンテンストです。優秀な作品を通じて業界に羽ばたきたいと願う学生にスポットを当て、ジャンルや応募作品数を問わず、幅広く募集を行います。一次審査で選出された20作品は「ゲームクリエイター甲子園」のショーケースとなる「みんなのゲームパレード」にて紹介され、さらに二次審査を通過した5作品は4月30日(日)に開催される「Indie Games Connect 2023」の授賞式にて発表となります。
No.1学生クリエイターは誰になるのか!?多くの学生クリエイターの登竜門となるようなコンテストが本
年より始まります。
一次審査で選出された20作品は「みんなのゲームパレード(https://gameparade.creators-guild.com/)」内に掲載されます。また、掲載時にはIGC限定バッジを付与します。

【ゲームクリエイター甲子園 概要】
ゲームクリエイター甲子園は、ゲーム制作に携わる学生クリエイターを対象に開催される、インディーゲームのコンテストです。
その特徴は、成長型ゲームコンテストであること。作品は最終締切まで、いつでも応募でき、何度でも応募できます。作品がない状態からでもエントリーは可能で、1年を通して作品をブラッシュアップしながら、作品とともにクリエイターが成長することを目指します。

ゲームクリエイター甲子園 2022公式サイト:https://game.creators-guild.com/gck2022/

【ゲームクリエイターズギルド 概要】
ゲームクリエイターを始めとしたゲームに関わる/関わりたい人たちが、プロ・アマチュア/学生・社会人/企業間などあらゆる垣根を越え「学び合い」「語り合い」「教え合う」ゲームクリエイターのための拠点(ギルド)です。※現役ゲームクリエイターやゲーム企業を目指す学生が約5500人参加(2022年12月現在)

スキルや知識を学びゲームクリエイターとして成長・活躍し続けたい、同じ業界にいる仲間と市場の動向や技術についてなどの交流したい、日本のゲーム業界・職業自体の価値を上げ今より良い環境を作っていきたい、そんなゲームを愛する人たちの未来に必要な情報や機会を提供します。

ゲームクリエイターズギルド公式サイト:https://game.creators-guild.com/

▼ゲームクリエイターズギルドLINE
【社会人向け】https://lin.ee/BhIoOaF
【学生向け】 https://lin.ee/2A5pm0L


 

PR TIMES様の記事はこちらから